HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

休職期間3年のブランクをどう考えるか

今までの実績を振り返る

僕が休職に入る前に働いていたところは通信会社でした。

社員のモチベーションも高く、プライドを持って仕事をしていて、恵まれた職場環境でした。

退職するといったとき、担当者の方は、1週間休んでもいいから残ってくれと引き止めてくれました。とても嬉しかったですが、僕はその当時、もう限界だ、休みたいと思い、その引止めを断ってしまいました。今思うと、残るという選択肢をよく考えるべきだったと思っています。

この3年、何をしてきたか?

ひたすらゆっくりしていました。ただ、努力をした部分もあります。

自分の気持ちの整理です。けじめをつけることはけじめをつけました。

そして心理学と精神医学の勉強です。本も読みましたし、ネットも読み漁りました。その中で、HSPの概念を知り、道が開けた感じです。

それから、体力づくりもしています。毎朝の30分ウォーキングです。心と身体はつながっているという実感を持っているからです。

再就職は可能か?

そして、僕は再就職するとき、面接で、3年ブランクのあいた履歴書を出すことになります。ここについて聞かれたときは、「自分探しをしていました」と、答えようと思います。

そして、僕は兵庫県に住んでいるのですが、JR神戸駅の前にハローワークがあり、そこに「若者しごと倶楽部」という、就職支援施設が併設されています。

そこは39歳までの求職者を対象に、キャリアカウンセリングや、各種セミナーを無料でしてくれるというものです。

僕はそこを利用させてもらって、再就職につながればいいなと思っています。

そして、再就職は可能か?という問いに対する答えですが、僕は可能だと思っています。なかなか決まらないかもしれないけれど、粘り強く就職活動をするつもりです。

どんな職種に就きたいか?

これに僕は悩んでいます。今までいろんな職種を経験してきましたが、楽しいと思ったのは、通信会社と行政書士事務所だけです。

さらに、僕は起業を考えています。自分の時間を自由に使えるからです。

あとはクラウドソーシングで仕事を請け負って、生活費を稼ぐのも一つの手だと思っています。ただ、クラウドソーシングで報酬をもらうには、身分証など貴重な個人情報を、ネット経由で提供しないといけないので、少し躊躇しています。

結局、どんな仕事に就きたいかは、現時点ではまだ決められていません。

なので、とにかく就職できたところで最大限力を発揮して、転職もしながら自分がしたいことを見つけていこうと思っています。

こういうことは頭で考えていても答えが出ません。実践あるのみです。

職場選びの基準は?

職場選び。これはしないといけないと思っています。事前に見学させてもらったり、ネットで評判を調べたり、手を尽くそうと思っています。

僕が考えている働きたい職場選びの基準は、

  • 社員の上下関係がなくフラットなところ
  • 社内政治が行われていないところ
  • 社員が目を輝かせているところ
  • 勤務時間が自由なところ

こういう職場が見つからない限り、僕は就職しようとは思いません。

なぜなら、何も考えずに選んだ職場では、長続きしないからです。

まとめ

休職期間3年のブランクを考えるというテーマでしたが、僕なりの職場選びの基準も書かせていただきました。

就職活動を始めるまでに、HSPの耐性をつけるよう頑張りたいと思います。