HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

お金のことで気持ちが落ち込んで辛かったけど、スマホをおいて、テレビにはまり込んだら復帰できた-僕なりのネガティブの対処法

お金に関することにはまり込んだら、気持ちが落ち込んだ

午前中、僕は幸福感に包まれていました。散歩をして、公園でのんびりして、ブログを書いて、マイペースに穏やかに過ごしていました。

ですが、調子が変わったのは昼です。何を思ったか、はてなブログproに申し込みたくなって、クレジットカードを持っていないから支払いをどうしようかと考え、デビットカードという支払い方法があると、いろいろ検索してぶち当たりました。(コンビニ決済もできますが。)そこで、検索をし続けて脳を疲れさせ、さらに、はてなブログproの支払いの段取りも考えていると、気持ちが落ち込みました。収入がほぼない僕が、支払えるかどうかを考えると不安になったのです。

ここで、はまり込む前にいったん休憩して、深呼吸や散歩などをすると復帰できるのですが、今日の僕は、なぜかどんどんはまり込んでしまい、負のループにはまってしまいました。

どういう状況かというと、不安感が消えず、気持ちが落ち込み、お金のことの不安ではなく、パニックに陥るのではと言う不安にすり替わってしまったのです。

この、パニックになるかも、という種類の不安は曲者で、どんな風に曲者かと言うと、行動力や気持ちの切り替えなどへ向かおうとするエネルギーを、失わせてしまうのです。

回復しようとするエネルギーが失われたら、負のループに入ってしまいます。これは何とかしなければいけません。

いつもの僕なら、こういう時、どうしていたか?

いつもの僕なら、きっと、ひたすら現実逃避するために、Twitterでツイートし続けていたでしょう。そして、ツイートする内容もネガティブになり、悪化の一途をたどっていたことでしょう。

まさに、負のスパイラルです。楽しくないし、辛いし、時間の無駄です。

でも、今日は、たまたまですがいつもと違う方法をとって、うまく気持ちを切り替えることができました。

いつもと違う、気持ちの切り替え方

まず、僕はスマホに依存しすぎです。一日中、スマホを肌身離さず持ち歩いて、一日中いじっています。

ですが、今日の僕は、突然、スマホをおいて、部屋を移動しました。(こうやってスマホをおいたことで、無駄なツイートを減らせたと思っています。)

そして向かった先はリビング。

リクライニングチェアに座って、いつもなら、まず観ることのないテレビのスイッチをオンしました。

で、チャンネルを「あーでもない、こうでもない」と刺激の少なそうな番組を選びながら、バラエティを観ることにして、一時間半、その番組を観ました。いつもならまったく観ない、まったく利用しないテレビに、夢中になったのです。(ただ、まったく観ない、まったく利用しないと言っても、テレビドラマは見るので厳密にはそうではありません。テレビドラマは録画して自分のペースで観るので、リアルタイムで見る番組に、今日ほど夢中になったことは、少しいいすぎですが、数年ぶりです。)

番組を見ているうちに、パニック発作への不安、お金の心配が、頭から抜けていき、すっきりしました。番組も楽しく観ることができ、有意義な時間にすることができました。

結局、普段、刺激が多いからと、避けていた、テレビに救われたのです。

結局、現実や不安を一旦おくことで、気持ちを切り替えられた

テレビを観ることは何がよかったのでしょう?

それは、現実を一旦おくことができたということではないかと思っています。

現実や不安を一旦おくことで、問題を冷静に考えるための時間を作れたことがよかったのではないかと思っています。

でも、お金の問題は社会復帰しないと解決できない

お金の問題、生きていくうえで付いて回るものです。

社会復帰して、安定した収入なり、確固とした貯金を作らないと、お金の問題は解決することができません。

まずは、社会復帰できるよう、日々努力していきたいと思います。

まとめ

今日はアップダウンの激しい日でした。そして、偶然にも、不安の新しい解消法を見つけることができました。その発見を、こうしてブログにすることもできました。

いい一日だったと思っています。

明日も、いい一日にしたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

今後とも、よろしくお願いします。