HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

散歩と筋トレと夕食に炭水化物抜きを毎日している-糖尿病防止と、精神的安定のために

散歩と筋トレを毎日している

毎日、散歩を5キロ、筋トレは腹筋20回3セットとダンベル体操を20回3セットをしています。

散歩に関しては、最初の数日はきつかったですが、もう1ヶ月近く続けていて今はもう慣れていて、もう少し歩く距離を伸ばしてもいいのではないかと考えています。(そのためにはパニック発作を減らさないといけませんが。。パニック発作が起こった日は活動意欲が減るので。。)

目標は一日10キロを毎日、歩くことです。

筋トレに関しては、正直始めてから二日目なのですがまだまだ辛いです。ダンベル体操なんかは、10回目くらいで腕が動かなくなってきます、しかも20回という1セットを済ませたあとは、息切れが激しく、筋力と体力の衰えを感じています。

腹筋は、ワンダーコアという、腹筋を補助する器具を使っており、借り物です。今のところ、20回3セットしても、それほどの負担もなく、腹筋の痛みを少し感じるくらいです、痛みを感じるくらい負荷をかけないと鍛えられないので、ちょうどいいと思っています。

筋トレも、段階的に増やして生きたいです。

目標は、ダンベル体操と腹筋をそれぞれ、一日に40回6セットすることです。

散歩と筋トレを毎日する理由

散歩と筋トレを始めたきっかけは、自分の体力不足が、精神的不安定にかかわっていると感じたことです。

なので、手っ取り早く体力づくりをしようと、まず散歩から初めて、最近、筋トレもするようになりました。

「心と身体はつながっている」というのが僕の持論で、精神的に弱い僕は、体力を鍛えることで、精神面を安定させることができるのではないかと考えているのです。

散歩と筋トレをする効果

散歩も筋トレも、共通した効果があります。それは、散歩と筋トレをした後に、頭がすっきりするということです。体力づくりだけでなく、ストレス解消の効果もあるのではと僕は考えています。体力をつけることで精神的安定を得て、さらにストレス解消で精神的に、ダブルの効果があると考えています。

また、腹筋という大きな筋肉を鍛えることで、代謝をよくし、カロリーを消費しやすくし、糖尿病防止の効果も狙っています。

夕食に炭水化物抜きを毎日している

僕は、糖尿病や痛風になる恐れがあると、病院での血液検査で、指摘されています。糖尿病や痛風は一度なると治らないので、なんとしても、防止する必要があります。

そのために、夕食に炭水化物を抜いた食生活をしています。

なぜ夕食だけ炭水化物を抜くかというと、夕食にはカロリーをそれほど必要としないと思うからです。なぜなら、夕食を食べたら後は寝るだけ、活動しませんよね、なら、エネルギーの元であるカロリーをとらなくていいのは当然ですよね。

また、なぜ炭水化物を抜くかというと、ずばり、カロリーが高いからです。

このように、糖尿病防止、痛風防止のために、夕食を毎日、炭水化物抜きにしています。

まとめ

以上が、僕の素人の知恵ですが、健康面で工夫しているところです。

これからも毎日続けて、健康的にも、精神的にも安定した生活を送りたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。