HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

聴覚過敏のHSPの僕が、土曜のショッピングモールにチャレンジしてきた

ショッピングモールにチャレンジした理由

前々から宣言していた、ショッピングモールに今日チャレンジしてきました。イヤフォンで音楽を聴きながら耳をふさいでいましたが、土曜の混雑したショッピングモールを、パニック発作も起こさず、クリアできました。

ショッピングモールに聴覚過敏の僕が、ただでさえ混雑する土曜日に行ったのには、理由があります。

それは、「社会復帰」するために、聴覚過敏が一番ネックの僕が、「混雑やざわめきへの耐性」をつけるためです。

土曜のショッピングモールはどうだったか?

大賑わいでした。人がごったがえして、家族連れや学生、小さな子供、カップルなどがたくさんいました。ただでさえ人と物理的距離感も広く取りたいぼくが、その混雑の中に入っていくことはできるのか?不安でしたが、今日は難なくクリア。往復40分の散歩もしたので体力も使ったはずですが、パニック発作も起こさず、平気でした。

なぜ土曜の混雑するショッピングモールを聴覚過敏の僕がクリアすることができたか?

理由は3点、挙げられます。

以下、理由とともに列挙します。

  • イヤフォンで音楽をかけて耳をふさいでいた-このおかげで、多少ざわめきが聞こえることがあっても、聴覚過敏の僕が、ざわめきに圧倒されることなく、混雑した土曜のショッピングモールでも過ごすことができました。
  • 勝ち癖が付いていた-最近、調子がいい日が続いています、なので「今日も」大丈夫、と勝ち癖がでて、自信を持って過ごすことができました。
  • ショッピングモールでの目的があった-今回ショッピングモールに行くのは、ただ単に社会復帰するための「耐性作り」が目的だったのですが、ショッピングモールに着いて、ふと、「買いたいものがある」と、思いついたのです。ですが、「耐性作り」も兼ねているので少し遠回りして目的の店まで行きました。目的があってよかったことは、余計なことを考えずに、目的の店と買いたい物を探すことに集中できるからです。目的もなくふらふらしていたら余計なことを考えて、パニック発作を起こしていたかもしれません。

以上、聴覚過敏でも混雑をクリアするコツを書きました。

勝ち癖と、目的が大事

「勝ち癖」つまり「自信」が困難に対処するために大事になってきます。「勝ち癖」があると、多少の「不安」なら、「大丈夫」と思って「自信」をもって行動することができるからです。

そして、「目的」も大事です。これは僕に限ったことかもしれませんが、僕は、自分が納得しないですることや、させられていること、「目的」が自分と合わないこと、そもそも「目的」がないことは、何があってもしたくないと考えています。

もしそうしたことをしなければならなくなったら、ストレスでパニック発作を起こしてしまうでしょう。

そういう意味で、僕は頑固でわがままかもしれませんね。

以上、「勝ち癖」と「目的」について語りました。

納得していないと行動したくない、時間を使いたくないということに関しては、また違う記事で書こうと思います。

 まとめ

以上、聴覚過敏でも混雑したところをクリアできるという趣旨と、クリアするコツを書きました。今日のことで、また、「勝ち癖」がつきました。

聴覚過敏のHSPの方の参考になればと思います。ただし「耐性」をつけようと、無理はしないでくださいね。「少しずつ」ですよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。