HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

例えば、いつもと違う朝食-日々に変化を

マクドナルドのクーポンが新聞に挟まっていた

一週間ほど前、マクドナルドのクーポンが広告として新聞に挟まっているのを、母が見つけました。その中で、エッグマックマフィンと、ポテトみたいなもの、ドリンクのセットが450円のところ350円になり、100円引きになるクーポンを母が僕に渡して、「食べたかったら買ってきたら?」と、言ってくれました。クーポンは二枚あり、一枚で二人分まで買えるとのこと。

日々に変化を

二人分までしか買えないので、母の分、僕の分と、朝に散歩もかねて、往復40分かけてさっき買ってきて食べました。普段見ないアニメも見ながらおいしく、有意義に朝食の時間を過ごすことができました。

普段は旅番組を見ながら、牡蠣出汁しょうゆを使った、たまごかけご飯とバナナを食べるのですが、今日は朝マックという特別メニューでした。

いつもと違った朝食になったので、精神的にもリラックスしてリフレッシュできました。

こういった、日々に変化を少しでもつけることは、気分転換にもなるし「小さな幸せ」になります。

今日はなかなかいい日になりそうです。

他にも、今日はいつものブログを書いて朝風呂して散歩に行って、休憩して、またブログを書く、というところに、「読書」と、「買い物」を加えようと思っています。

読書は小学生の算数のやり直しと、岸見一郎さんの「嫌われる勇気」を読もうと思っています。

前の記事にも書きましたが、自分を取り戻して成長した自分が、改めて「読書」すると、新たな発見があるのでは、と思うからです。

「嫌われる勇気」を選んだ理由は、直感です。なんとなく、この本は「自分らしさ」について書かれた本ではないかと思うからです。

それともう一つ。昨日に引き続き、「買い物」に行こうと思っています。昨日の買い物に行った店で見つけられなかったものが一つあるので、他の店まで往復40分ほどかけて歩いていこうと思っています。

日々に変化をつけることの効用

毎日続ける習慣も大事ですが、僕がつけたかった習慣も定着して、安定してきたので、新しいことを始めようと思っています。

日々に変化をつけるとどうなるのでしょうか、どんなことが起こるのでしょうか?

それは、ルーチンで安定した生活も、精神的な安定のためにいいのですが、たまに刺激を受けることで、何か新しいことを発見できることです。

今朝も、普段行くことのないマクドナルドに行って、スタッフさんの接客が丁寧だなと思って「小さな幸せ」だったり、「ありがとう」を笑顔で緊張せずに言えたなとちょっとした成長を実感したり、普段見ないアニメを見て、アニメからも生きかたを学べるなと発見したりと、新しいことを発見することで、自分を少しでも成長させたりすることができました。

このように、日々に変化をつけることで、新しい発見があり、自分の世界を広げてくれるという効用があります。

まとめ

日々に変化をつけると、自分の世界を広げられます。習慣も大事にしつつ、新しいことを取り入れて生きたいです。

参考になった方がいるとありがたいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。