HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

起業したいと思っていたが、就職して平凡だけど日々成長できる生活をしたい-読書の時間を減らして、人から学ぶ時間を増やす

金持ちになるのをあきらめたが、、

お金持ちにならなくても、それなりの収入があったらいい、ローンやクレジットカードなど、借金せずに生活する。それが僕の考えている生き方です。

恋人と家庭を作って、不自由なく生活できるだけの収入と貯金があればいい。

そう思うようになりました。

ですが、成長することへの欲求は抑えません。仕事を通していろんな人と会い、刺激を受け、仕事を通してさまざまな経験をつみ、成長していきたいと思っています。

年収1千万目指すと、以前の記事に書きましたが、果たしてそこまで必要なのか、疑問にも感じるようになりました。

趣味も成長の元

趣味を通しても、成長できると僕は思っています。趣味を通していろんな方と知り合い、世界を広げていくのです。

読書は続けていくが重要度は下げる

読書。僕の趣味です。

ただ、重要度は今までより下げていこうと思います。

なぜかというと、実体験を優先したいからです。

実体験をつむほうにお金を回して、読書にかけるお金は少し減らそうと思っています。

どんな実体験をつみたいかというと、セミナーなどに参加して、いろいろな人と交流して、世界を広げたいのです。

読書は当分お休みにして、人と会うこと、新しく始まる仕事に、時間とお金を回したいです。

起業したいと思っていたが、、

なんとなく、自分の時間を自由に使えそうな起業にあこがれていました。

でも、それもなんとなくで、今冷静に自分のスキルとエネルギーを考えてみると、起業はしないでおこうと思うようになりました。

雇われて働いて、そこで能力を発揮し、転職を繰り返してキャリアアップするということが、僕に向いているのではと思ったのです。

僕のように不器用で、慎重な性格は、起業には向いていないんじゃないかと思うようになりました。

起業も、自分の城を持てる、という単なるそれだけの憧れで、生活できるか?起業への情熱はどうか?と聞かれると、まともな答えを僕は返せないでしょう。

今は営業職に興味がある

僕が今働いてみたい職種は、営業職です。どうして働いてみたいかというと、自分の実力が、そのまま、自分の評価や給与に関わってくるからです。この、自分の実力次第、というところが僕を奮い立たせてくれます。

ただ、職場や商材は選びます。

薄利多売ではなくて、付加価値の高いサービスを提供し、どこで買っても同じという値段勝負ではない業界で働きたいです。

職場も、体育会系ではなく、実力重視の職場で働きたいと思うようになりました。

なにも、僕に実力があるからそういうところで働きたいというのではなく。

そういう業界に、魅力を感じるからです。

まず今年はアルバイトで慣らす

僕は休職して3年間仕事をしていませんでした。ようやく、今月からアルバイトで働けるようになって、その職場で、1年間慣らそうと思います。

慣らすといっても手を抜くのでなく、本気で取り組みます。

1年たったら、営業職で、自分のイメージどおりの会社に就職し、どこまで自分が通用するか、やってみたいと思っています。

まとめ

少しずつ、仕事に対し現実的なイメージをもてるようになってきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。