HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

仕事も楽観的に-僕の仕事観

「無駄な」完璧を目指さない

仕事では意味のない完璧を目指しません。意味のない、「無駄な」完璧は自己満足にすぎないからです。

それよりも僕はスピードを重視します。

合格点の取れる精度で仕事をして、どんどんスピードを速めていきます。

量をこなす

仕事では量をこなします。量をこなして慣れていきます。

この「慣れ」というのが大事で、慣れるまで、ひたすら量をこなしていこうと思います。

量をこなすことにより、慣れて質も上がっていくと思うからです。

仕事を楽しむ

楽しく仕事するために、いろいろ工夫したいと思います。ゲーム感覚で仕事をするのも手ですね。今回する仕事は軽作業だからです。営業職になったとしても、ゲーム感覚で仕事をするでしょう。僕の言うゲーム感覚とは、やり直しがきき、工夫して自分をスキルアップさせながら成長していくということです。

そうやって、工夫やスキルアップをして、自分の成長を楽しみながら、仕事をしていきたいと思っています。

仕事は楽観的に

神経質に仕事をしようとは思っていません。楽観的に、なんとかなるさの考えで、仕事をしていきたいと思っています。

何事も肯定的にとらえて、前向きに仕事をしていこうと思っています。

工夫をしながら仕事を続けていれば、必ず成長します。

逆に神経質に仕事をしていれば、疲れて仕事をすることができません。

疲れて仕事をすることができなくなったら、成長することができません。

だから僕は、楽観的に、失敗したときに直すという方法で仕事をしたいと思っています。

まずは仕事をしてみる

仕事を始める前にああだこうだ言っても意味がないです。

まずはやってみることだと思います。

やってみて、失敗して、次はどうしようこうしようと考えても、遅くはないと思います。

仕事をする前から、これが不安だ、あれが不安だ、と考えていると逆に失敗します。

なぜかというと、仕事をするときに、不安なイメージが浮かび、注意がそれてしまうからです。

だから僕は、最低限の仕事の手順しか考えません。それを覚えたら、もうそれ以上その仕事のことは考えません。

余計なイメージをつけないためです。

慣れてきたら質を上げる

仕事に慣れてスピードがついてきたら、質を上げます。

スピードアップは限界があるからです。

限界まで合格点の質でスピードを上げたら、他にすることがなくなってしまいます。

だから次は、質を上げようと思っています。

仕事を続ける

仕事は続けないと、その仕事の本当の面白さがわかりません。

だから僕は、今回の仕事を続けようと思っています。

簡単には辞めないで置こうと思っています。

まとめ

僕の仕事観を書きました。

次はこれを活かし、結果を出したいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。