HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

音楽を読書のように楽しむ

朝から充実感いっぱい

朝から穏やかに過ごせています。充実感いっぱいです。昨日は12時間眠れたからでしょうか。。朝からyoutubeを観て、なんだか勇気がわいて、コーヒーを飲んでホッとして、パニック発作の兆候もなく過ごせています。

理由はわかりませんが、充実感いっぱいの感覚です。

今日はいい日になりそうです。

Youtubeではダンスミュージックを聴いている

いつもの朝はDragon Ashの「静かな日々の階段を」か、

中田ヤスタカの「NANIMONO」を聴いているのですが、今朝はPerfumeを中心に聞いています。他にもm-floを聴いたりしています。

落ち着いた曲をいつもは聴くのですが、今日はダンスミュージックを聴くことにしました。

僕は日本語歌詞の曲しか聴かない、それはなぜか?

僕は日本語歌詞の曲しか基本的に聴かないです。それはなぜか?

理由は、僕は音楽を読書するように聴いているからです。音楽から、生き方、生き様、考え方、価値観を学んでいるからです。英歌詞だと僕は英語がわからないので理解できません。だから日本語歌詞だけを聴くのです。

音楽を読書のように楽しむ

音楽の歌詞も、一種の文章です。歌詞とも詩ともいいますが、僕は音楽は本だと思っています。音楽は、当たり障りのない耳障りのいいことだけを言ってる曲もあれば、かっこつけたりポーズだけをとった曲もあれば、含蓄にとんだ深い歌詞もあります。

もちろん僕は、含蓄にとんだ深い歌詞を好みます。上記に挙げたPerfumem-floなど、ダンスミュージックは、当たり障りのない歌詞になりがちですが、Perfumem-floの歌詞は僕は好きです。

特に僕が歌詞の面で好きなアーティストと世界観を挙げてみます、

  • Dragon Ash-まじめに人生の課題に立ち向かい精一杯生きる
  • RADWIMPS-ボーカルの野田洋次郎の独特な世界観を描く(僕の価値観と近い)
  • Perfume-キュンキュンする歌詞を書く(中田ヤスタカが歌詞を書いているかもしれない)
  • 米津玄師-ぎりぎり精一杯、刹那的な生き様を描く
  • サカナクション-幅が広すぎて説明できない。でも深い。

他にもいっぱいありますが、主に聴くのはこのあたりです。

米津玄師は、世界観がぎりぎりいっぱいで生きている感じがするので、最近はしんどくてあまり聞けていませんが。。

サカナクションも前はよく聴いていたのですが、世界観が少し合わなくなってきたので、聴くことが減ってきています。

ただ「新宝島」という曲はよく聴きます。

音楽を読書するように聴くというのは、書籍を読んで理解するよりも、僕は理解しやすいです。

たぶん、音楽には感情がこもっているからでしょうね。

理由はよくわかりません。

まとめ

音楽を、読書のように学びながら楽しんでいることについて書きました。

最近、僕は読書量が減っていますが、音楽から学んでいることに気づきました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。。