HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

僕はアウトプットしながらインプットする-ブログと行動がアウトプットでありインプット-ブログもツイートも行動といえる

インプットは読書や人から教えてもらうことだけではない

インプットといえば読書。そう思っていました。でも、最近読書していません。読書するより、ブログを書いたり、行動するほうが楽しいからです。

ブログを書くことで、自分の内面を言語化してそこから学び、行動することで経験値を積んで、学んでいます。

そういう意味で、僕はアウトプットしながら、インプットしているといえます。

ブログを書くことはアウトプットでありインプット

僕のブログは、誰かに何かを伝えたいというより、自分の思考を言語化して、何に悩んでいるのか、これからどうしたいのかを知るために書いています。

こうやってブログに実際に言語化してみて、それを読むことが僕のインプットです。

思考を言語化するというアウトプットをして、そのアウトプットの結果をインプットして成長していっているのです。さらにそのインプットを使って、行動にうつすというアウトプットをし、そのアウトプットからまたインプットしての繰り返しです。

ブログを書くことそのものも行動だと思います、ツイートすることも行動だと思います。

頭の中だけで考えて行動せず、言語化もしないことがなにもしないことの定義だと、僕は思っています。

1日1記事だけ書くと決めていたけど

1日1記事だけ書くと決めていましたが。ブログをどうしても書きたくなりました。

1日1記事にしようと思った理由は、質の悪い記事を量産して、信用を落としたくなかったからです。

でも、これは、このブログは、僕の表現活動の場です。アートです。どう思われようが、思ったことを書きます。

なので、1日1記事と決め付けずに、ブログを書きたい情熱がわいたときに、一気に吐き出そうと思っています。要するに、書きたいときに書くということです。

どんなときにブログを書く情熱がわくか?

ブログを書くとき、僕は衝動的にブログを書いています。読んでくれる人がいるだろうか?などとは考えず。ただ表現して、それにアクセス数やスターやコメントなどのリアクションがあったら、嬉しい、と感じるだけです。こんな僕の記事でも読んでくださる方がいるのは、ありがたいことです。

ちなみに、どんなときにブログを書きたくなるかというと。頭の中で思考が進んで、頭の中で抱え切れなくなったときに、それを整理して見える化して頭の中をスッキリさせないと頭がパンクしそうになったときに、書きたくなります。

行動もインプットである理由

行動、よくアウトプットと定義されますが、僕はインプットもかねていると思います。

なぜなら、行動には結果があります、行動する計画を立てること、行動を実行すること、行動の結果、それが次にどう行動したらいいか、ブログにどう書こうかというインプットになるのです。

どんどん行動して、フィードバックを得て、またさらに動きたいです。

まとめ

僕にとって書きたくてしょうがないテーマが見つかったので、思いきり勢いに乗って書いてしまいました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。