HSPなlogicoのまったりな日々

HSPとパニック障害であるlogicoが日々まったりしつつ、脳の疲れの観点から性質改善やお金のこと仕事のこと、日々にあった出来事などを書いていきます

しゃべらなくても空間を共有しているだけでいい-父とのドライブにて-しゃべらなくてもいいのが信頼の証-でも言葉も必要

空間を共有する

今日は父とドライブに行ったがほとんど話さなかった

しゃべらなくても間が持つ関係、いいですね。

信頼の証だと思います。

今日は父が好きな曲を車でかけていたので、僕はiPhoneでイヤフォンで音楽を聴いていました。

ほとんどしゃべりませんでした。

でも、気まずさはなく、ごく自然に充実したドライブになりました。

いつものドライブではビジネスの仕方の話などをたくさん質問するのにもかかわらずです。

 

恋人とも会ったら、一緒に住んだら、しゃべらなくても間が持つ関係

人とは最近はほとんどメールで、電話できることもあるのですが、メールや電話だと空間を共有していないので言葉で気持ちを伝えるしかありません。

ですが、会ったり一緒に住んだりすれば、しゃべらなくても空間を共有するだけで満足できる信頼関係が僕と恋人との間にはあります。

最近はほとんど会えていないので、次に会ったら、今まで会えなかった分、たくさん話してしまいそうですが。。

恋人の声がなかなか聴けなくて、会えなくて寂しいですが、いそがしい中メールをくれているだけで、僕は満足です。

その会えない間に、僕は人間的に成長しようと思います。

 

しゃべらなくてもいいのは、相手を信頼しているから

相手を信頼していたら、相手の気持ちを確かめる、相手の思っていることを探る必要はなくなります、つまり、疑わないのです。

それが本当に信じていることだと思います。

もちろん僕はおしゃべりも好きなので、信頼している人ともたくさん話せたらと思いますが、相手がおしゃべりモードでないときは、僕は話しかけません。

こういうとき、スマホがあったら便利ですね。

僕は時間的にケチなので、何か隙間時間があると生産的なことをしたくなるからです。

リラックスが目的のリクライニングチェアでも、iPhoneでツイートしたりしています。

話はそれましたが、完全に相手を信頼しきっているとき、言葉は不要になります。

ただ、一緒にいない相手の場合、例えば僕の場合は、恋人からのメールがあると安心します。

 

いくら信頼していても、「いわなくてもわかるだろ」は通用しない

でも、言葉が必要なときもあります。

いわなくても自分の求めていることをしてくれないと満足できない。

いわなくてもわかってくれている。

それは、わがままです。

いわないと相手に伝わりません。

言葉が必要です。

暗黙の了解や、社会的ルールは例外ですが。。

思っていることがあったらはっきりいうようにしましょう。

 

人間関係では押し付けはしてはいけない

「いわなくてもわかるだろ」は通用しないという話のついでです。

人間関係は押し付けてはいけません。

お互いを尊重しあって、お互いのペースで、お互いのタイミングが合うときに、接すればいいのです。

お互いに押し付けをしないようにすることが、人間関係をスムーズにするコツだと思います。

 

今夜も恋人からの連絡を待つ

今夜も読書をしながら、恋人からの連絡を待ちます。

一緒にいなくて空間を共有できていないから、連絡が必要なのです。

恋人からの連絡があったら、一安心して、眠りにつけます。

 

まとめ

しゃべらなくても間が持つのが信頼の証だという話をしました。

そして、言葉も重要だということについても述べました。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。